カンボジア通信~夢に向かって泳ぎ続ける選手とニャックルーの話~

元スイマーが青年海外協力隊としてカンボジアで全力疾走!2016年1月~2年間の活動の様子を綴ります

一ヶ月

time 2016/02/12

១ខែមុនខ្ញុំឬានមកដល់នៅកម្ពុផា។
ឌ្ញុំគិតថាខ្ញុំរស់នៅយូរថឋែម់ទេ្បត។
សែ្អកខ្ញុំនឹងរើផ្ទះ។
ឌ្ញុំភាពសប្បាយណាស់!

今日でカンボジアに来て1ヶ月が経ちました。
あっという間だったけど、羽田を出発したのがもっともっと前のような気もします。
1ヶ月で大分この国にも慣れました。
トゥクのおじちゃんやプサーのおばちゃんを、クメール語で値切れるようになりました。
プールの子供たちに教わって練習メニューも大分クメール語で言えるようになりました。

明日とりあえず荷物だけお引越しです。
長年人がいなかったようなので明日は1年かけて大掃除しようと思います。
正式な引越しは月曜日。
同期のみんなも任地へと旅立ちます。(カイくん以外)

いよいよ始まります。
うきうきわくわく♪♪

down

コメントする




カンボジア

未分類

訓練

自己紹介

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。