泳げ!カンボジアの負け犬たち!

”東南アジアのインターハイ” 10th ASEAN School Gameが開催されます!

time 2018/07/21

”東南アジアのインターハイ” 10th ASEAN School Gameが開催されます!

スオスダイ!
カンボジア水泳連盟のサキです。

 

実は今、マレーシア シャーアラムに来ています!

 

2年前、初めて私が海外遠征をした東南アジアの大会、
”ASEAN School Game”に、今年はチームマネージャーとしてやってきました。

 

今大会は教育省の管轄下のもと、18歳以下の学生選手権です。
日本でいえば全国中学とインターハイを合わせたようなイメージです。

 

2年前はこんな感じでした…。みんな若いなぁ笑

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~Day1~
4匹の水ポケモンの専属トレーナーになって早3日。メインのバトルが始まりました。大会初日の結果報告です。レース結果(予選)Sopha 50m平泳ぎ33"16 ベスト! 10位...

sponsored link

カンボジア代表選手紹介

今大会、カンボジア水泳連盟からは男子4名、女子4名の選手を選抜しました。

Bunna Poeuvpichra

昨年のこの大会に引き続き、2回目の代表入りを果たしたパイ。

チーム最年長ということでチームリーダーに任命されました。

50m・100mバタフライと50m背泳ぎに出場します。

 

Chhorm Chanthon

2年前からこのブログを読んでくださっている方にはお馴染みのサイくん。

数多くの国際大会に出場しており、School Gameにも3回目の出場となります。

今大会は ”挑戦” をテーマに、得意の200m個人メドレーと、4種目すべての50m種目に出場します!

Oung Lyheng

カンボジアの天才少年、抜群のセンスの持ち主のヘーン。

協力隊活動中の2年間の、私の悩みの大半はこの問題児が原因でした。笑

悩んだ分、結果が欲しい!50、100、200m平泳ぎに出場します。

Deoun Rathydon

今大会初の国際大会代表入りを果たしたドンくん。

コンポンチャム州出身で、海外はもちろん、カンボジア料理以外のものを口にするのも初めてです。笑

50、100m自由形と200m個人メドレーに出場します!

Sok Voleak

おそらくこのブログに最も出現回数の多いベテラン選手、レアちゃん。

悔し涙はもう流したくない…。この大会、勝つために来ました!

悲願のメダル獲得を目指し、50、100、200m平泳ぎに出場します。

Chhorm Sreyvolrleak

ちっちゃいながらも一番度胸があるちびレアちゃん。

今回3回目の国際大会となります。

50、100m背泳ぎと50mバタフライに出場します。

Kheun Bunpichmorakat

今シーズン急成長を遂げ、3回目の国際大会出場となるチョールナイ。

チーム最年少の11歳ですが、びびる様子もなく堂々としています。

50、100m自由形と50mバタフライに出場します。

San Bopha

今大会初の国際大会代表入り、コンポンチャム州出身のボパー。

今年2月にナショナルチーム入りを果たし、首都プノンペンに引っ越して来ました。

そんな彼女のデビュー戦は、50m、100m自由形と50m背泳ぎです!

カンボジア代表コーチ紹介

続いて、コーチ陣の紹介です。

Hem Thonponloeu

私のアシスタントコーチを務めてくれているポンルー。

昨年までナショナルチームの選手として、カンボジアチームを引っ張ってくれていました。

今年2月から正式にコーチとして水泳連盟で仕事をしています。

Yoshiya Higa (比嘉 善哉)

びっくりした?まさかの日本人!!(笑)

青年海外協力隊 コンポンチャム州の水泳隊員として活動中の比嘉くん。

教え子のドンくんを連れて、コンポンチャムからやってきました!

彼のブログはこちら↓

EVERY DAY IS A NEW DAY
何気ない日々は本当は特別。毎日を新しさと感謝で彩りたい

Saki Ikuyama (生山 咲)

すみません、私です。(笑)

海外遠征の引率は今大会で6回目。初めてチームマネージャーを務めます!

今大会の意気込み

カンボジアに来て約2年半。

自分も、周りも、選手たちも、

求め続けてきたのは、”結果” ”メダル”

ただそれだけでした。

 

今こそ、夢、叶えるとき。

ぜってぇーーーーー手ぶらじゃ帰んねーぞ!!

 

 

スースー!!!カンボジアスイムチーム!!!!!

応援よろしくお願いします!

sponsored link

コメント

ひとりごと

カンボジア

未分類

訓練

プロフィール

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。



sponsored link