泳げ!カンボジアの負け犬たち!

【ブログタイトルについて】なんで”負け犬”なんて ネガティブなワードを使っているのか

time 2018/07/13

【ブログタイトルについて】なんで”負け犬”なんて ネガティブなワードを使っているのか

スオスダイ!

カンボジア水泳連盟のニャックルー サキです。

 

先日の選手紹介記事、沢山の人に読んでもらえてうれしいです!

いつもありがとうございます(^^)

 

 

読者さんが結構増えてきてくださっているので、ここで一度、
ブログの紹介も含めて、この ”ネガティブな” タイトルについて、少しお話したいとおもいます。

 

sponsored link

”負け犬”と聞いて、なにをイメージしますか?

 

そもそも、”負け犬” ってどういう意味でしょうか?

負け犬 とは

喧嘩に負けて逃げる犬。 (上に准えて)勝負に負けた人間。

引用: Wikipedia

 

意味としては、ネガティブなワードですよね。

 

”こんなネガティブなワード使って、頑張ってる選手たちがかわいそう…”

そう思った読者さんもいらっしゃったのではないでしょうか。

 

なのになんで、ブログの看板になるタイトルに、

”負け犬” だなんて、ネガティブなワードを使っているのか??

 

それには、私の、そして カンボジア水泳チーム全員の、
”反骨精神” が込められています。

 

私がカンボジアに残りたいと思ったきっかけ

 

2016年12月。

私の青年海外協力隊の任期中、
タイ バンコクで行われた海外遠征の引率中に、
その事件は起こりました。

 

通称、”カメ事件” です。笑

夢・希望・可能性… 譲りたくないものが、ココにある。
ご無沙汰しております!約3か月ぶりの更新です。カンボジア青年海外協力隊員のサキです!なかなか更新できずゴメンナサイ。今日はこの3か月で感じたことや考えていたこ...

 

”お前の選手は カメみたいだな!”

と、嘲笑ったお偉いさんに対して、
私に湧いてきたのは、”みてろよこの野郎!!!!” という反骨心でした。

 

このお偉いさんは、
選手たちに向かっても心無い言葉を浴びせ続けていました。

 

この人だけではなく、国際大会に行くたびに、
オリンピック委員会の人や教育省の人に言われる

 

”水泳チームは弱いから”

”水泳チームはいっつもメダル獲れないから”

という冷たい言葉たち。

 

連盟事務局長も、コーチたちも、そしてもちろん、
頑張っている選手たちも、

現場を知らない 水泳というスポーツを知らない人たちに

けなされ バカにされ続けてきました。

 

それはきっと、私が来るずっとずっと前から。

 

そういう言葉を平気で投げつけてくる大人たちに
号泣しながら訴えたのは

きっと、いや絶対、私がはじめてでした。

 

そんな私の姿を、見ている選手はいなかったものの、
その場にいた保護者から、国境を越えて噂が回り、

遠征からカンボジアに戻ってきたときには大喝采を浴びました。(笑)

 

”見返してやろう。” 反骨心は大きな原動力になる

 

このブログタイトルを決めるときに、
ネガティブなワードを使うことに抵抗はありました。

でも、今のカンボジア水泳チームは、
誰がみても お世辞にも 強い と言えるチームではありません。

それは指導者も、連盟スタッフも、そして選手達も自覚していることです。

 

だからこそ、私たちは、

「本気で強くなりたい」んです。

 

 

このブログは、そんな私たちが、
夢に向かって強くなっていく様子を記録していくブログです。

 

 

『このチームは弱い。 だから 勝ったら面白い。

勝ったら メダル獲ったら みんなびっくりするよ?

私たちをバカにしてきた人たち、

”負け犬” とか ”カメみたいだ” とか言ってきた人たち、

みんなを驚かせよう。見返してやろう。

みたか!って、指さしてやろう。

そういうチームになってやろう。

みんなの可能性は、無限大だから!!!』

 

何度も何度も 選手たちに話してきたこと。

 

”いつか、絶対、見返してやろう。”

 

そんな思いを込めて、このタイトルにしました。

 

 

「Loser Like Me / Glee」は まさに私たちの応援歌!

 

2009年にアメリカで大ヒットしたテレビドラマ、Gleeをご存知でしょうか?

私がこのドラマを見始めたのは、つい昨年のことでした。

熱狂的なファンである妹の勧めがきっかけでした。(笑)

今では私もすっかりハマってしまい、一番大好きな海外テレビドラマです。

 

ちょっとGleeのこと書き出すと長くなっちゃうので、これはまた後日。(笑)

 

このGlee、歌って踊るGlee部を舞台にしたドラマなのですが、

その曲の中で、このGlee部が作成したオリジナルソングである

”Loser Like Me” という曲があります。

 

直訳すると、”私のような負け犬”

 

Yeah, you may think that I’m a zero
But, hey, everyone you wanna be
Probably started off like me
You may say that I’m a freak show (I don’t care)
But, hey, give it just a little time
I bet you’re gonna change your mind
All of the dirt you’ve been throwin’ my way
It ain’t so hard to take, that’s right
‘Cause I know one day you’ll be screamin’ my name
And I’ll just look away, that’s right
Just go ahead and hate on me and run your mouth
So everyone can hear
Hit me with the words you got and knock me down
Baby, I don’t care
Keep it up, I’m tunin’ up and figure out
You wanna be
You wanna be
A loser like me
A loser like me

  

作詞:
Savan Kotecha / Adam Anders / Peer Astrom / Max Martin / Johan Schuster

 

好きな部分だけ自己流にちょっと和訳。

 

“もう少ししたらあなたのみる目も変わるわ。

私に投げつけられたすべての悪口も

全然大したことないわ、そうでしょう?”

 

”だってきっとあなたはいつか私に夢中になるから

その時は無視してあげるわ

当然でしょう?”

 

”気が済むまで罵ればいいわ

そのうち気が付くから、

あなたがなりたいのは私みたいな負け犬だってことにね”

 

 

どんなにバカにされたって

ロッカーに押し付けられたって

スラッシーを顔にかけられたって

それでも前向きに、夢に向かって自分を表現していくGlee部の生徒たちの姿をみて

なんだか自分たちの姿を重ね合わせてしまいました。

 

 

こう言える強い人間になろう。

胸を張って、”カンボジア代表選手です!”って言えるようになろう。

ぜったいなるんだ。

 

レイチェルが夢を叶えたように、

必ずこのチームにもその日は来る!!

 

 

そうだ!このチームは、まだ弱いけど、

まだまだメダルも獲れない ”負け犬” チームだけど、

未来には、夢と希望と可能性しかないんだから!!

 

 

まだまだ弱小チームだけど、精一杯頑張ります!!

読者の皆さん、これからも応援よろしくお願いします!

sponsored link

コメント

ひとりごと

カンボジア

未分類

訓練

プロフィール

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。



sponsored link