カンボジア通信~夢に向かって泳ぎ続ける選手とニャックルーの話~

元スイマーが青年海外協力隊としてカンボジアで全力疾走!2016年1月~2年間の活動の様子を綴ります

120%の自信と勇気で!!【THE 1st National Game Day2】

time 2016/11/02

120%の自信と勇気で!!【THE 1st National Game Day2】

カンボジア青年海外協力隊 水泳隊員のサキ(@khmer_swimming)です。

大会二日目の結果報告を致します!
いやぁ、ほんっとホテルのWifiがひどすぎて全然更新が追いつきません…(´;ω;`)

女子50m自由形

Tey 40-90 BEST!!
Vitiny 30-92
Voleak 37-71
Hoy 45-47 BEST!!
Manit 43-01 BEST!!

ソフトテニスと水泳の兼部?をしているHoyは、ほとんど泳いでいないにも関わらずベスト更新!
とっても緊張してたけど、よく頑張りました(^^)

絶好調娘、Voleak。
初日の50背泳ぎが最高だったので、得意のクロールも…
…と思ってたけど、
まさかの入水直後にゴーグルが外れ、かなり動揺してしまったよう…
ベスト更新まであとちょっとだったんだけどなぁ。。
悔しいです。
3位に入ったと本人は思っていたようですが、実は地方の選手に負けていて4位で、それを知ったらもう号泣で…
夜ごはんまで立ち直らなかったです。。

この悔しさをバネに!!
12月に絶対リベンジしよう!!

4ヶ月ほど前に私のクラスに進級してきたTeyとManit。
この二人、とっても賢くて、
“このタイムが出したいから、こういう風になりたいから、こういうことをしたい”と、自分自身で考えて意見を言える子です。
そんな二人の大ベスト。嬉しくて泣きながら抱きついてきて、思わずもらい泣きしました。
本当におめでとう!!

カンボジア水泳界のヒロインVitinyちゃん、堂々の一位!
でもふと思ったのは、これだけ差があると、国内で競う相手もいなくてつまんないんだろうなぁ。。
追いつけ 追いつけ!未来のヒロインたち!!

男子100m自由形

Pich 1-11-66 BEST!
Piseth 1-02-39 BEST!
Piroth 59-95 BEST!
Thol 59-02 BEST!
Panha 1-02-29 BEST!

よくやりました!!全員ベスト更新!!
このレースめちゃくちゃ面白かったです。
1位争いも3位争いもあって、超白熱したレースとなりました。

ユースチームのPichは専門外の自由形ですが、なんと13秒ベスト更新!
100で13秒って!笑 本当によく頑張りました!
さぁ、ここからさらに13秒以上速くなってやろう!!

3位争いを展開していたのはPanhaとPiseth。
実力としてはPisethの方が上でしたが、実は彼は前日から発熱の為絶不調…
ラスト5mで競り負けちゃいました。
でもそれでもベストってすごいよ!おめでとう!
Panhaはホントに最後の最後までいい粘りをみせて、見事ベスト更新で3位(^^)
予想外のタイムだったようで、本人がいちばん驚いていました笑
専門のバタフライに向けていい波ができたね♪

プノンペンチームのキャプテン、Piroth。
なんと30歳のベテランです。
体調を崩したりして一時期あまりトレーニングを積めない時期もありましたが、持ち前の根性でやってくれました!念願の59秒台!
だけどやっぱり、Tholに競り負けたからめちゃくちゃ悔しそうな顔をしていました。
12月にリベンジだ!!

今日一番のガッツポーズをみせてくれたのはThol。
1分の壁がなかなか破れず悩んでいました。
でも、誰よりも真面目に練習に来て、弱音も吐かずひたむきに努力を続けていた彼なら絶対に切れる!と信じていました。
見事、念願の1分切り!しかももう58秒台目前!
タッチしてタイム聞いた瞬間、とびっきりの笑顔でガッツポーズをみせてくれました!!
感動をありがとう!おめでとう!

女子100m背泳ぎ

Raksa 1-25-45 BEST!
Vitiny 1-19-16
Maly 1-26-52 BEST!

ライバルであり、親友同士であるRaksaとMaly。
前半、Malyがとびぬけ、積極的に攻めます。
後半に強いRaksa はラスト15mでぐーーーんと伸びて見事2位!
Malyに勝ったRaksaはおもいっきりガッツポーズ!
Malyはとても悔しそうでしたが、お互い自己ベスト。
いっぱい自分を褒めてあげてね♪

本日2レース目となるVitiny。
本当に若い世代の選手たちに見習ってほしいところが沢山。
レースはもちろん、レース前の過ごし方や態度も。
これだけとびぬけて速くて、メディアもまわりもとってもちやほやしているのに
ぶれない芯と謙虚な心を持っている彼女を私も尊敬します。

 

Day2、以上となります。
ネット環境の都合上、写真ファイルがアップできないので後日編集します。

down

コメントする




カンボジア

未分類

訓練

自己紹介

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。