カンボジア通信~夢に向かって泳ぎ続ける選手とニャックルーの話~

元スイマーが青年海外協力隊としてカンボジアで全力疾走!2016年1月~2年間の活動の様子を綴ります

3月は別れの季節…初めての中間帰国報告会&261現職参加メンバー送別会

time 2016/03/06

3月は別れの季節…初めての中間帰国報告会&261現職参加メンバー送別会

少し更新が滞ってしまいました(>_<)そむとーなぁ。(ゴメンナサイ)
ここ数日少々バタバタしておりました。
タイトルの通り初めて、中間帰国報告会に参加していたのです。
中間帰国報告会とは、
青年海外協力隊、シニア海外協力隊のメンバーが任期中に2回(赴任して1年目と帰国直前)に行う活動報告会です。

今回は、26年度4次隊の先輩方の中間報告、
そして25年度4次隊(シニアのみ)・26年度1次隊現職参加の方の帰国報告がありました。

この報告会が首都で行われるため、地方にいる全隊員が一斉に首都プノンペンに上がってきました!
みなさん、おかえりなさ~い!

3974269378952(1)

久しぶりの同期との再会は、やはりほっとして嬉しいものです(^▽^)/

二日間に渡って行われた今回の報告会。
どの方の報告も非常に興味深く、自分の活動に役立てたいと思いました。

先輩方の発表を聞いて、この2年間の間でやりたいことをたくさん思いつきました。
ノートぎっしりに取ったメモを、メモだけでは終わらせずに活用していきたいです!

そこで、早速来週から動き出そうと計画しているプランを発表しちゃいます☆

名付けて…
【プールクリーンアップ大作戦!!!】

…フツー。。。。(いやだっておもしろいの思いつかなかったんだもん…)

今私が活動しているこのオリンピックスタジアムのプール、
一見すると外見は綺麗なのです。

ほら。

Facebook-20160118-011443

このプール、朝5時から(はやっっっ)夕方5時までは一般開放しています
プノンペンにお住いのみなさん1回2ドルで泳ぎたい放題なのでぜひお越しください。(宣伝)

で、この一般開放が終わってから選手の練習が始まるのですが、その前にアルバイト?の子が、プールサイドのゴミ拾いしたり掃除したりしてるんです。
子供たちも、飲み終わったペットボトルのゴミなど、ちゃんとゴミ箱に入れてるんです。
(これ、日本じゃあたりまえだけど、カンボジアでできる子って珍しいんです!!)

…じゃあいったいどこをどうやってクリーンアップさせるのか…

実は、このプールの奥に、更衣室やシャワールーム、
そしてなぜか同僚や選手が何名か住みついている謎の部屋がいくつかあるのです。
いや、これに関しては本当に謎すぎて、まだつっこめていません。。。
私のオフィスがこの謎の部屋の1室にあたるのですが、
まぁとにかくこの普通じゃみえない場所がとにかく汚い…。

特に、私が気になっているのが、
意味わからないくらい集まったペットボトルの巨大な山。
(衝撃的すぎてまだ写真撮ってないや・・・)

ほんと、これ、どうやって集めたの?って、逆に聞きたいです。

この国ではペットボトルを業者に売ってお金にすることができるんです。
相場はわかりませんが、きっとほんのわずかな額だけど…この山だったらそこそこ集まるのでは…
まさにチリツモです。

…いや、というか、そもそもなんで取ってあるのか…

私の勝手な予想としては

1.ペットボトルはお金になるから集めてとっておこう!
2.忘れてる。

以上。

よし、じゃあ早速同僚に話を聞いて、なんとかしてこのペットボトルをお金に変えようじゃないかー!!
(お金以外の目的で集めてたら全部おじゃんだけどね)

ついでに、そのゴミ置き場みたいになってたところをみんなで掃除して、
みんなで使えるミーティングルームに改造したり、
扉が壊れて使えなくなっている更衣室をみんなできれいに掃除して、
みんなが気持ちよく使える環境を作ろう!!

目的は大きく分けて2つ。

1.プールをきれいにする!
2.この作戦を通して、”みんなで”協力し、やり遂げて、達成感を味わう!!

カンボジアチーム、みんなとても仲良しです。
休日とかもしょっちゅう一緒にいるみたい。

でも、その仲の良い仲間たちと
同じ目標に向かって協力しあい、ともに達成感を味わう
といった経験が、果たして今まであったのだろうか…?

ということで、早速同僚と相談しようと思っています。

さてさて、長くなりましたが、なぜこの計画が報告会の際に思いついたのかというと、
中間報告をされたシニアボランティアの方の一人が、環境問題に取り組んでいる方で、
一年間で驚くほど地方の環境状況を変えられていたのです!!
とても興味深く、また、ちょうどプールのペットボトル問題をどうしようかと思っていたので、
発表後に個人的にいろいろとお話しを伺いました。
すると、彼女も私と同じプノンペン在住で、近くに住んでいるということもあり、
直接そのリサイクル業者とコンタクトを取ってくださるとのことなのです!!
本当に心強いです…。

まずはカウンターパートに”これはいいね!”と思わせられるような説明をしないとです。ドキドキ。
がんばります!

******************************************************************

報告会のあとはもうすぐ帰られてしまう261現職参加の先輩方の送別会でした。

とても雰囲気の良いレストランで、たくさんお話しして、いろんな出し物があって…
特に、有志メンバーによる”春に”の大合唱は本当に感動しました!

WP_20160304_19_59_58_Pro

261のメンバーの方とは、たった1か月ちょっとと、あまり長くお付き合いできませんでしたが、
それでもぐっとくるシーンが多々ありました。

二年後…自分はどんな気持ちでこうやって送り出されるのかなぁ…
なんてぼんやりと考えていました。

261のみなさんのように自分も笑顔で日本に帰れるように…
一日一日、一生懸命頑張ります(^▽^)/

261現職参加のみなさん、1年9か月お疲れさまでした!

down

コメントする




カンボジア

未分類

訓練

自己紹介

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。