カンボジア通信~夢に向かって泳ぎ続ける選手とニャックルーの話~

元スイマーが青年海外協力隊としてカンボジアで全力疾走!2016年1月~2年間の活動の様子を綴ります

みんなどこまでついてこれるかな?!【鬼サーキット】やってみました☆

time 2016/04/03

みんなどこまでついてこれるかな?!【鬼サーキット】やってみました☆

スオスダイ!
今日は私たちカンボジアナショナルユースチームの練習風景をちょこっとご紹介しま~す(^^)/

週の折り返し地点である水曜日は、毎週ドライランドトレーニング(陸上トレーニング)の日です!
この日は水中には入らず、プールサイドを走ったり(日本ではプールサイドは走っちゃいけません。)
腹筋したり背筋したり懸垂やったり……めっちゃ楽しいんです♪♪♪笑
しかも、この日はナショナルチームの選手と一緒だから、いい刺激にもなるんです☆

NTCで一緒だった同期隊員のみなさん。
そうです。あの朝の筋トレのお姉さんの復活です☆☆

”きついときこそ笑ってね!!”

もちろんカンボジアの子供たちにも伝えていますよ(‘ω’)ノ笑

BLUE SHARKSのみなさん。
あのインカレ後の追いコンで酔っぱらってドライをやりだしたのは誰でしたっけ。
…そうです、私です。(ドライやってた記憶はなし。後日後輩から聞いた。)

************************************************

なんでドライランドトレーニングが大好きになったのか、ちゃんと理由があるんです。
ちょっと余談ですが、その思い出話をここでひとつ。

高校まで弱小チームにいた私は、大学入学当初、水泳部の練習に全くと言っていいほどついていけなかったのです。
ほんっとーーーーに練習弱くって、迷惑ばかりかけていました。。。

かたや同期で一緒に入ってきた二人の女子コンビ、ダブル佐藤は、まさに練習の鬼
先輩をも追い掛け回すほどの練習の強さ。
私たち3人は高校3年生で参加した冬合宿からずっと一緒で、
3人とも背が低いことから先輩たちに
”シルバニアファミリー”と呼ばれ…笑
とにかく振り返ればいっつも一緒でした。

…となると、やっぱり比べられるんですよね。

”二人は練習強いけど、咲だけめちゃくちゃ弱い”
とか。

で、入学して3ヶ月くらいでチーム編成があって、
今までずっと一緒だった二人と離れて、
私はBチーム(下のチーム)に降格。

Aチーム優先の練習プランだから、
当時のBチームの私たちは1週間の11回練習の内、
練習メニューを使って水中練習に取り組めるのが
わずか4回
それ以外は自分で練習メニューを考えて
一般開放(一般の学生向けにプールを開放している時間)に泳いだり、
あとはほとんど
ドライランドトレーニング

めちゃくちゃ悔しくて
ただでさえ練習弱いのに練習できなくて
泳ぎたくて泳ぎたくてたまらなくて
でもここで折れたらここに来た意味ないよなぁ…って思って。

そこで思ったのが

”水中が弱いなら、陸で誰よりも強くなればいい!!!”

がむしゃらに力を発揮することは得意だったから、
もう毎日めちゃくちゃドライやりました。
これで強くなる!!って信じて。

結果、夏の大会ではベストタイムを更新し、その後自分でもびっくりするくらいのタイムを連発できるようになりました。

そう。だから、
きっつ~~~~~~!!!
ってなるドライが大好きなんです。笑

**************************************

長くなりましたが、
こういった経緯でこの筋トレのお姉さんは誕生しました。

もちろん、この特技をここカンボジアでも活かさないと!!

そんな私にしかできないこと。
そんなドライ大好き人間だからできること…。

そこで考えたのが
【選手の弱点を(楽しく)克服するドライランドトレーニング】

このチームの最大の弱点は
・持久力の無さ
・脚力の弱さ

じゃあ…
持久力向上のために走って…
脚力をつけるために跳んだり跳ねたり…

そこで思いついたのが
【スペシャルサーキットトレーニング】!!!!!

プールの周りを1周走って
一種目のトレーニングを挟んで
また一周走って
また一種目のトレーニングを挟んで…

実はこれ、
私が(たしか)大学一年生のときに自分でやってたトレーニング。

それをレベルアップさせてやってみました☆☆

ただ、こうしたトレーニングって言葉で伝えるのって難しくて。
日本語でも難しいのにクメール語だし…

何がわかりやすいか…
…そうだ!絵だ!!!

こんなのを作りました~!

WP_20160330_19_02_34_Pro

WP_20160330_19_03_33_Pro

私絵描けないから、グーグル先生にお世話になりました。
最強イメージ検索。

スクリーンショット (4)

とってもわかりやすかったようで、選手からも好評でした。

さぁ、スタート!!!

WP_20160330_18_20_02_Pro

走って…走って…また走って……

…始まって2周目くらいで…
みんなの顔が曇りだし…

数人の選手は

”きついいいいいいいいいいい”

と悲鳴をあげ。笑

外国人コーチ、笑顔でカタコトクマエ時々日本語で励まします

カウンターパート(ナショナルチームコーチ)もめっちゃ笑顔で
”これはいいトレーニングだぁ~!!”
と大喜び。笑

全部で20種目20周。
想像以上のきつさだったようで、
おわった瞬間みんな倒れこみました。笑

WP_20160330_18_19_47_Pro

今までやったどの練習よりもきつかったようで。
今ではこの紙を見せるだけで首を横に振ります。笑

WP_20160330_18_18_25_Pro

だけど終わってこの笑顔があるなら大丈夫かな♪

後日、とあるナショナルチームの選手から

”コーチ、オレ来週もあれやりたい…”

と言われました。

…私が言うのもあれだが、ドMか。笑

でもまぁ、そう言ってくれる選手がいるならば…
またやるしかないっしょ♪笑

強くなろうぜ!カンボジア!!

down

コメントする




カンボジア

未分類

訓練

自己紹介

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。