カンボジア通信~夢に向かって泳ぎ続ける選手とニャックルーの話~

元スイマーが青年海外協力隊としてカンボジアで全力疾走!2016年1月~2年間の活動の様子を綴ります

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~大会前日~

time 2016/07/23

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~大会前日~

世間はポケモンGOで騒がれているようですが、
経験値の少ないトレーナーが、レベルの高いポケモンに指示を出しても言うことを聞かないように、
”〇時に来てね”の指示を聞いてくれない4匹の水ポケモンたちに頭を抱えております、
現在任国外出張中のカンボジア水泳隊員 サキです。

昨日の出来事をご紹介します。

来ない選手たち

昨日は大会前日。
公式練習に参加するため、
また、私の一番の大仕事であるチームマネージャーミーティングに参加するため、
会場であるチェンマイ700年記念総合競技場に足を運びました。

この日の朝、6時半にホテルロビーに集合し、朝一のストレッチをみんなでするつもりでした。
前日の夜のミーティングで、”絶対に時間に遅れないでね”と、何度も口酸っぱく言いました。
すでにこのミーティングのときに全員遅刻してきたので…

だけど……
当然かのように、来ませんでした。泣
6時40分ごろになって、部屋に呼びに行くと、完全寝起きの選手たち…

”だって携帯ないから起きれなかったんだもん”

そうなんです、
今大会ルールとして、カウンターパートの提案で作られたルール

夜9時に全員携帯をコーチに預ける

これを告げた時の選手たちの顔、写真撮りたいと思ったほど間抜け顔でした。
まるで豆鉄砲をくらった鳩のようで。笑

以前、国際大会のときに夜中ずっと携帯をいじっていて、なかなか眠らなったということがあったらしく、
それを懸念してカウンターパートが事前に提案してくれていたのです。

だけど、この一件があって、
”せめて部屋に一台だけ…”と、選手たちから要望がありました。
一日様子をみてから決めようと思い、その場はスルー。
結局、朝のストレッチもできず、朝ごはんを食べ会場へ。

会場へ

車で15分くらいで到着。とっても綺麗なプールです!感動!

WP_20160722_08_22_35_Pro WP_20160722_08_22_27_Pro

1時間強練習をして、選手たちは再度ホテルへ。

WP_20160722_08_13_22_Pro

私はプールに残ってマネージャーミーティングに出席。
ASEAN各国のコーチたちとご挨拶。
国際大会だから当然なんだけど、一つの国に何人ものコーチが、、、。
カンボジアとラオスだけ、一人ずつでした。。

ラオスのコーチは、カウンターパートとも仲がよいらしく、非常に暖かく接してくれました。
彼女がいてくれなかったら、まじで私居場所なかった、、、。

エントリーチェック等を済ませ、ホテルへ。
昼食をとってからしばし休憩。

また来ない選手たち

そして午後2時。
開会式への出席のため、チェンマイ大学へと向かいます。
…ですが、あれだけ言ったのにまた時間守らず!!!!

もう他の連盟の選手たちは集まってます。
そしてガイドに連れられてバスに乗り込んでいます。

電話して、直接部屋まで行って怒鳴って、、、
なんで私が一人こんな走り回ってるんだ、、、なんて考えないようにして、
待たせてしまった連盟コーチたちに頭を下げて、、、。

で、道中ふとFacebookを開くと、
なんの悪気もなさそうにバスの中で自撮り写真をアップしている選手、、、、

もーーーーーー発狂するかと思った。笑

あれだけ言ってもわからない
あれだけ怒ってもわからない

もう一人じゃどうすることもできず、カウンターパートに相談。
夜のミーティングのときに電話で俺からも話すから と言ってくれて、泣きそうになった、、、。

始まらない開会式、だけどそのおかげで…?!

チェンマイ大学に着いて、開会式。
3時からと聞いていたはずが、、、

30分経っても、1時間経っても、2時間経っても何も起こらず、、、

いろんなことが重なって、もうメンタル最悪な状態。。

…と、そのとき!!

”カンボジア?”と声をかけている一人のおじさん。
ぱっと目が合うと、、、

なんと、
二本松で一緒に訓練を受けていたシニアボランティアの同期隊員、笠島さんが!!!
びっくりしすぎて、嬉しくて仕方なくて、叫んじゃった!

チェンマイでボランティアしているとの話を聞いていたので、
連絡先を聞いて、”21日からいきますね~”と話していたのですが、

笠島さん、たまたまこの大学の前を通りかかって、にぎわっている様子をみて、
もしかしたら!と思って、サプライズで突入してきてくださったのです!

すごい落ち込んでたときだったから、ホントうれしくてうれしくて、、、
元気たくさんもらえました!!有難う御座いました!!

国を背負う

結局5時半過ぎに入場。

圧倒されるほど派手な演出に、鳥肌立ちっぱなし。

自分が選手だったら、すごい気合い入るなぁ、、、
こんなすごい大会に出れる選手たちが羨ましいなぁ、、、
”国を背負う”って、すごいことだよなぁ、、、

選手として、日の丸を背負うことはできなかったけど、
今こうして、カンボジアの代表としてカンボジアの国旗を背負えていることに対して
心から誇りに思いました。

しかし、それと同時に
なんだか悔しさが湧いてきて、、

やっぱり、それでも、私は日本代表になりたかった。

ずっと思い続けていた、儚く散った夢。
もうそんなこと忘れていたはずなのに。
もう未練なんてないと思っていたのに。

隣にいる選手たちが羨ましかった。
自国の国旗を背負ってこの場に立てるって、
なりたくてなれるもんじゃないんだよって、伝えたかった。

だけど開会式の間、どんなに偉い人が喋っていても、
ふらふらふらふら、歩き回り、
カシャカシャ、写真を撮りまくり、
ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ、止まらないおしゃべり、

挙句の果てには
もぐもぐ おかしを食べ始め、、、。

ほかの連盟の子だったけど、注意しようかと思った
でも、コーチが一緒になって写真撮ってお菓子食べてるんだもん。

比べるもんじゃないのはわかってる
頭ではわかっているけど、
心がついていかない現状、、、

 

力不足

閉会式後、カンボジアのコーチ陣が集合し、ミーティング。

すごく癖のある英語とクメール語を話すお偉いさんに、
いろいろと質問されるものの、全然聞き取れず、何度も聞き返してしまう、、

すると、”こいつ大丈夫かよ”って隣の人に話してて(そういうところだけはわかってしまうんですよね)
全然信用ないようで、私が”もう全部手続き済んでるから!もう大丈夫だから!”と何度言っても聞き入れてもらえず、
散々な対応をされる始末。

カンボジアに帰りたくなってしまった、昨日の一コマでした。

ヘロヘロでホテルに戻り、早々にミーティング。
カウンターパートに電話越しで参加してもらい、お説教。

あ、もちろん携帯は全員没収、
毎朝ニャックルーからのモーニングコールで起きてもらうことにしました。笑

自分の力不足を痛いほど感じた一日でした、、、。
珍しく元気のない記事でごめんなさい。
だけどこの思いを素直に残しておきたくて。

明日からのレース、まだまだめげずに頑張ります!!

down

コメントする




カンボジア

未分類

訓練

自己紹介

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。