カンボジア通信~夢に向かって泳ぎ続ける選手とニャックルーの話~

元スイマーが青年海外協力隊としてカンボジアで全力疾走!2016年1月~2年間の活動の様子を綴ります

国際大会 40th SEA Age Group Swimming Championshipの代表選考を行いました

time 2016/09/26

国際大会 40th SEA Age Group Swimming Championshipの代表選考を行いました

スオスダイ!
カンボジア水泳連盟に配属されている青年海外協力隊員のサキです。

2016年12月9日~11日まで、タイのバンコクで40th SEA Age Group Swimming Championshipが開催予定です。
正式に私が引率コーチとしてカンボジアチームに帯同することが決まりましたので、ご報告させて頂きます。

今大会は前回のASEAN School Gameと同様に、18歳以下の選手たちの大会です。
今回はカウンターパートと話し合った結果、2週間という時間をかけてのセレクションを行うことを決め、実施しました。

今日はその結果と様子をご紹介します!

選考対象・選考基準

対象はナショナルユースチームの中でもレギュラーメンバーとしてAチームに所属している6人と、18歳以下のナショナルチームの4人。
この10人の中から、男子4人女子2人を選抜します。

次に今回の選考基準をご説明いたします。
大きく分けて以下の3点がポイントです。

・出席率
・練習態度
・タイム

どれも当然のことですが、カンボジア水泳連盟では今までこういったフェアな選考が行われていなかったように思います。
より多くの若い世代の選手に、世界に出れる機会と経験を与えようと、また彼らの意欲を掻き立てるためにも、元々の実力(タイム)だけではなく、努力点を基準にしようと、カウンターパートと話し合い決めた基準です。

遅刻・欠席の多い選手は、いくら持ちタイムが速くても選考しないと決めました。
また、練習態度が良くない選手ももちろん、選考から外れました。

この期間、今までにないくらい私の態度も敢えてシビアにしていました。
平然を装ってキツいメニューをガンガン与えていましたので、ニャックルーのやつ、、、と思われることも多々あったかと思います笑

”どんなにきつい状況でも自分が行きたい”
”オレが勝つんだ”

そういった闘争心というものがこのチーム全体的に少なかったので、
敢えて私がこういう態度をとることで、反骨心を抱き果敢に立ち向かってくる選手を見極めたいと思っていたのです。

実は余談ですが、上記の理由でFacebookからしばらく姿を消していたのです。
24時間Facebookとお友達の選手たちなので、ネット上とはいえ、私のプライベートの姿をみせたら、なんだか敢えて一生懸命シビアな自分の作り上げていることが無駄になってしまうような気がして。
考えすぎかもしれませんが、そんなに器用じゃないので…。

ご心配をおかけした方々、すみませんでした。。

選抜メンバー

さて、そんなシビアな2週間を耐え抜いた6人の選手を発表します!

Sey
wp_20160926_18_33_41_pro

前回のASEAN School Gameにも出場したSey。
出欠・態度・タイムの3点にて文句なしの選抜です。
今回は出場だけじゃなくて上を狙っていこうね!

 

Heng
wp_20160926_18_31_30_pro

初代表、Heng。
カンボジア一のセンスの持ち主。天才肌です。
セレクション前までは激弱メンタルでしたが、このセレクションを機に、かなり変わりました!
本当に期待してるぞ!!絶対勝とう!!

 

Meng
wp_20160926_18_31_16_pro

Hengのお兄ちゃん、やっぱり天才です。
選抜メンバー男子唯一のナショナルチームの選手です。
代表経験は過去1回のみ。思いっきりいったれ!

 

Kakrona

wp_20160926_18_38_37_pro

ユースチームの副リーダー。
なかなか伸び悩んでいたけれど、出席率・態度から、絶対に行きたいという思いが強く伝わってきました。
スランプ脱出だ!!

 

Voleak
WP_20160723_15_55_06_Pro 3

彼女もASEAN School Gameに参加した選手の一人です。
カンボジア水泳界期待の星。
あの時とは違う、強い心で、今度こそメダルを狙おう!!

 

Voleak
wp_20160926_18_38_14_pro

初代表・最年少のVoleak。(女子選手同じ名前ですw)
Seyの妹です。
努力家のお兄ちゃんにくっついて、一緒に毎日頑張りました。
初代表、怖いものなんてなんもないぞ!

ここからが本番

無事に選ばれてほっとした6人。
悔しい想いをした4人。
選考を終え、ここからがこの10人にとって、新たなスタートとなることでしょう。

残念ながら選考漏れしてしまった4人は、この悔しさを今後にどう生かしていくか。
この気持ちを忘れず、次の大会に向けて取り組んで行ってほしいと思います。
勿論私も、彼らの動向を見守りつつ、フォローし、一緒に成長していきたいと思います。

そして選ばれた6人にとっては、この2週間は準備の2週間であっただけであり、ここから大会までがより一層シビアな2ヶ月半になると思います。
プレッシャーや責任感、今まで感じたことのない思いが彼らの中にあるかと思います。(そうであってほしい)
“選ばれた” ということを忘れず、悔しい思いをした4人の分まで、精一杯頑張ってもらいたいです。

そして、代表の6人がタイで満開の笑顔を咲かせられるよう、私自身も精一杯彼らと共に頑張っていきたいと思います。
今回このようなシビアな期間を設けたのも、前回のASEAN School Gameの悔しさがあったから。
もうあんな思いはしたくない!今度こそ勝ちたい!!

”タイの借りはタイで返す”

ご声援どうぞよろしくお願いします!!

関連記事はこちら

今年7月末、ASEAN School Gameに引率に行ったときの話です。
シリーズ化しておりますのでどうぞご覧ください!

火ンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~予告編~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~移動日~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~大会前日~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~Day1~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~Day2~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~Day3~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~Day4~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~観光編~

カンボジアに来て半年の私が、一人で海外遠征の引率をする話~最終章~

down

コメントする




カンボジア

未分類

訓練

自己紹介

生山咲

生山咲

1992年7月7日生まれ 母の影響でベビースイミングから水泳を始め、大学卒業まで22年間競技生活を続ける。 大学水泳部では女子主将を務め、2014年9月の日本学生選手権を持って現役引退。 2015年3月に東海大学教養学部国際学科を卒業し、平成27年度3次隊でJICA青年海外協力隊としてカンボジアに水泳隊員として派遣される。KHMER Swimming Federation(カンボジア水泳連盟)に配属され、ナショナルチーム及びユースチームの選手を指導中。